千葉県安房郡鋸南町の鮮魚の冷凍加工、製氷、水産加工を行う房州最大級の会社です。定置網で捕れた新鮮で良質な魚を冷蔵倉庫で保管し、販売しています。

img
TOP PAGE > ご挨拶

房州の美味魚を皆様に

 房総の海、それは波穏やかで豊潤な東京湾の内房海域と、黒潮が沖合を流れ太平洋の雄々しい波が磯を洗う外房海域との表情が異なる2つの海域からなり、そこに生息する魚介類は、湾内定着型の魚から外洋回遊性の魚まで実に多種多様で、それらの多くが様々な漁法で房州の各漁港に水揚げされています。
 有限会社大福商店はそんな魚に恵まれた立地条件のもと、勝山第三冷凍工場において、 買い付けたそれらの魚を短時間に集荷し、素早い魚体選別処理作業と急速凍結技術によって製品化し、品質劣化が少ない長期保管が可能なマイナス35℃の冷蔵保管倉庫から国内外の水産販売会社・加工会社・養殖業者に向けて製品提供を行っています。
 また弊社保田第二水産加工工場では、冷凍保管しているそれらの原料魚を利用して、 こだわりの製法で東京湾産のコノシロ・コハダのフィレーや、定置網のアジ・イワシ・イサギなどの地魚の落し身を製造しています。
 そして勝山製氷工場では、水揚げ時の魚の鮮度保持に欠かせない水産用氷を生産して近隣各漁協に販売すると共に、弊社冷凍・加工両工場で自家用氷として利用しています。
 房州産の魚を「冷凍」という得意専門技術で、お客様やマーケットのニーズに応える高鮮度・高品質な冷凍魚に仕上げ、そして水産加工では、「我が子や孫に食べさせたいと思う製品づくり」をモットーに、付加価値を高める加工技術を駆使してそれぞれの魚の持つ特性を引き出しながら、利便性のある一次加工素材を提供してまいります。
 大福商店はこれからもこの冷凍・製氷・加工の3工場の連携で、国内において「房州の潮が香る美味魚」の魅力をアピールし利用を拡げていくとともに、今後世界的な食糧事情の中、需要が見込まれる日本の輸出水産物の中で、「大福(DAIFUKU)」印が良質の冷凍魚の代名詞となるようブランド化を図り、販売を拡大していきたいと考えています。

有限会社大福商店
代表取締役 鈴木 仁

トップへ